Insta360サマーセール開始中! 無料特典付き!

GoPro HERO12とInsta360 GO3を比較【あなた好みはどっち?】

当ページのリンクには広告が含まれています。
GoProとGO 3
  • URLをコピーしました!

Insta360サマーセール開催中!

王者GoProか? 勢いあるInsta360 GO3か??

どうも!アバウトドアです!

今回は、GoPro HERO 12とInsta360のGO3の比較です。

これらは似て非なるカメラなのですが、どうやら二択で迷っている方が多いようですね。

スペック的にはGoProなんだけど…

GO3の小ささも使いやすそうでかわいいよねー

一応両者の分類は「アクションカメラ」。

360°カメラと違うので、普段のVlog撮影やスポーツで用いることを想定している方が多いでしょう。

僕はGoProもGO3も使っているので、両者の良さに合った使い方をしています。

とはいえいきなり両方買う人も少ないと思うので、あなたにはどちらが合っているか?

これらを感覚的にお届けできたらな!
と思います。

どちらが適正か、いい判断材料になると思います!

数字は公式サイトを見れば分かるので、スペックばかりを羅列しないようにお伝えしていきます!

目次

【PR】Insta360からの
特別オファー!(期間限定)

この度当サイト及び、読んで下さる皆様に向けて、Insta360からの特別オファーを頂きました!

※今の所キャンペーンは5月までとさせていただいています。

以下特典内容

X4をご購入の方

通常:特典なし

特別特典:114cm見えない自撮り棒

Ace Proをご購入の方

通常特典:スクリーンプロテクター

特別特典:バッテリー

X4は無料特典が付与、Ace Proは特典内容が豪華となっており、期間によっては11%の割引も行っています。

\特別料金にてご案内! /

なお、特典内容が反映されているかのご確認をよろしくお願いします。

詳しくはコチラ!↓↓

一応、スペックを並べてみる

とはいえ、スペックを並べます(笑)

これを基準に、経験を交えてお話していきます。

重要な点は黄色ラインや太字にしてあります。

GoPro HERO12Insta360 GO3
発売時期2023年9月2023年6月
重量154g35.5g
サイズ71.8 × 50.8 × 33.6 mm63.5 × 47.6 × 29.5mm
ストレージSDカード内部ストレージ(32~128GB)
稼働時間最大155分最大170分(45分)
防水性能10m防水(IPX8)5m防水(IPX8)
アクションポット(IPX4)
動画解像度5.3K (16:9) 60/50/30/25/24FPS2.7K: 2720×1536@24/25/30fps
スロー性能2.7K (16:9) 240/200FPS1080P: 1920×1080@120fp
手振れ補正HyperSmooth6.0FlowState手ブレ補正
写真解像度5568X48722560×1440
カラープロファイル標準、HDR、GP-LOG標準、鮮やか、フラット
写真編集Super PhotoPureShot
USBType-CType-C
動作温度ー10℃-20℃
マウントシステムネジ式マグネット式
GoPro HERO12とInsta360 GO3の比較表

ぱっと見性能が高いのはやっぱりGoProです!

何かと使いやすいのがGO3というイメージで見て頂けると!

数字の羅列だけは分かりにくいと思うので、ここからは感覚的に分かりやすく比較していきますね!

タップして拡大!
GoProが向いている撮影
  • BMXなどのサイクルスポーツ
  • オフロードバイク
  • ハーフパイプスノーボード
  • スロー再生を伴うアクション
タップして拡大!
GO3が向いている撮影
  • 普段の旅行など
  • Youtube等のVlog撮影
  • 私服での撮影
  • 登山や釣り程度のアクティビティ

ざっとこんな感じです。

では、各使い方についてのお話へ!

激しめのアクションなら! GoPro

GoPro HERO12Insta360 GO3
動画解像度5.3K (16:9) 60/50/30/25/24FPS2.7K: 2720×1536@24/25/30fps
スロー性能2.7K (16:9) 240/200FPS1080P: 1920×1080@120fp
手振れ補正HyperSmooth6.0FlowState手ブレ補正
マウントシステムネジ式マグネット式
GoPro HERO12とInsta360 GO3の比較表

スロー再生性能は、GO3の最大4倍に対して、HERO12は8倍スローに対応しています。

また、若干面倒くさいネジ式のマウントシステム。

こちらも固定制の観点から見ると、GoProのほうがガッチリとした固定が得られます。

Insta360の手振れ補正も結構効きますが、GoProの手振れ補正は異次元。

やはりサイズがデカい分、とんでもない揺れにも対応してきます。

スノーボードのハープパイプやマウンテンバイク、BMXなどに向いていそうですね。

GoProが向いている撮影
  • ハープパイプスノーボード
  • マウンテンバイク
  • BMX
  • オフロードバイク など

クラッシュ時の転倒に備えて、強固な固定制が得られるGoProは恩恵が大きいです。

マウントもヘルメットやしっかりとしたバックパックに対応していますね。

8倍スローで、カッコいいアクションが残せるのもGoProの魅力。

引用:GoPro公式

とにかく使いやすいのがウリ! GO3

GoPro HERO12Insta360 GO3
重量154g35.5g
サイズ71.8 × 50.8 × 33.6 mm63.5 × 47.6 × 29.5mm
動画解像度5.3K (16:9) 60/50/30/25/24FPS2.7K: 2720×1536@24/25/30fps
手振れ補正HyperSmooth6.0FlowState手ブレ補正
マウントシステムネジ式マグネット式
GoPro HERO12とInsta360 GO3の比較表

GO3を使って思ったのが、キャップマウントと胸元の磁石マウントがとにかく便利。

そして、カメラ本体もアクションポットも小さいこと。

使った瞬間はもちろん、使い続けるとより手軽さが身に染みてくるところであります。

ヘルメットやチェストハーネス要らずの撮影が可能で、私服に馴染むというのはGO3にしかできない芸当です。

正直この一点で、その他のアクションカメラ全てを凌駕するんじゃないか?

と思うほどには使いやすく感じました。

マグネットマウントはイメージ的に心配な感じですが、思いのほか固定性も強力。

多少飛んだり走ったりするくらいじゃあ落ちません。

良く使うであろう、マグネットの自在マウントも、一瞬装着&自動ロック付き。

落ちる心配はほぼ皆無。

唯一、マウンテンバイクなどのクラッシュ転倒等を考えると、GoProのネジ式固定が欲しい所ではあります。

GO3が向いている撮影
  • YoutubeやInstagram用の動画
  • 私服で撮影したい
  • 街歩きを撮影したい
  • 旅行の思い出作りの動画

YoutubeやInstagram用の動画ならば、GO3のほうが明らかに使いやすいですね。

使用用途もアクションというより、普段の撮影や旅行に向いていると感じました。

GO3 Insta360公式サイト
特典:レンズ保護フィルター

機能で言うならもちろん GoPro

GoPro HERO12Insta360 GO3
動画解像度5.3K (16:9) 60/50/30/25/24FPS2.7K: 2720×1536@24/25/30fps
スロー性能2.7K (16:9) 240/200FPS1080P: 1920×1080@120fp
手振れ補正HyperSmooth6.0FlowState手ブレ補正
GoPro HERO12とInsta360 GO3の比較表

はっきりと結論を付けると、機能面ではGoProにGO3は勝ち目がありません。

というのも、GO3はより小さいボディにするために、機能を犠牲にする必要があるのですね。

価格もほぼ同価格帯なので、機能/価格を考えると、GoProは良いように感じます。

GoProが向いている撮影
  • スローを活かした撮影
  • 超カッコいい動画
  • 手振れ

逆に言えば、GoProを購入するのなら、この性能を最大限生かせてナンボですよね。

旅行やYoutube撮影程度なら、もしかしてiPhoneでも十分だと言えそう。

コレで十分な性能 GO3

星空撮影もイイ感じなのです(GO3で撮影)
GoPro HERO12Insta360 GO3
動画解像度5.3K (16:9) 60/50/30/25/24FPS2.7K: 2720×1536@24/25/30fps
スロー性能2.7K (16:9) 240/200FPS1080P: 1920×1080@120fp
手振れ補正HyperSmooth6.0FlowState手ブレ補正
GoPro HERO12とInsta360 GO3の比較表

ではGO3は性能に劣るから、コスパが悪い?

そんな気もするのですが、おそらくGoProもInsta360も、技術レベルは同等に近いと感じています。

というのも、GO3は小さい本体に性能を詰め込む必要があるので、逆によくここまで性能を維持したな、といった印象。

冒頭の写真は、機能が一番顕著に表れるであろう、星空で表しました。

GoProとGO 3

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次