Insta360ボーナスセール開始中! 無料特典付き!

【徹底図解】ダウンのフィルパワーとは?|2024年のランクと目安も解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
ダウンのフィルパワーについて600~1000フィルパワーの分布を示した図
  • URLをコピーしました!
たなりょう

どうも!たなりょうです!

今回は、フィルパワーについてガッツリ解説!

ゆーすけ

フィルパワーって、どれくらいが高品質なの?

ゆーすけ

そもそもフィルパワーって何?

アウトドア業界で飛び交う、ダウンについてのこんな疑問。

それらに一気に応えるべく、図解を用いて徹底解説をする記事を作成しました。

もう貴方が悩むことはありません。
2024年現時点、どのくらいのフィルパワーの商品を選べばよいかを判断する材料を、ここで用意します。

目次

フィルパワーについて図解

知っている方は飛ばしてください。
勘違いしているかも?って方は見てってください!

雲がダウンを示します。(FP=フィルパワー)

ダウン30gを放置すると何立法インチになっているか
=フィルパワー(FP)

フィルパワーとは、ダウンの膨らみやすさを表す数値になります。

同じダウン量なら、フィルパワーが高い方が体積があるので「暖かい」ということになります。

いわば、ダウンのフワフワ指数。

たなりょう

高フィルパワー=暖かい
とはならない点に注意だね!

右のほうがフィルパワーは高い

いくらフィルパワーが高いとはいえ、入っているダウン量が少なければ、それなりの暖かさです。

900フィルパワーの薄いダウンより、800フィルパワーの分厚いダウンのほうが暖かいのはこのため。

たなりょう

1000FPの極暖ダウンは、コスト的に無理!
というのが正直な現状です。

何フィルパワーのダウンが何グラム入っているか?
という掛け算が暖かさの秘訣になります。

暖かさをメインに考えるのであれば、フィルパワーも大切ですが、ダウンジャケットの分厚さが結構モノを言います。

段階的にわかりやすい写真を見つけたので、転載しておきます。

出典:メンズファッションブランドナビ

900フィルパワーは白くふわっとしており、550フィルパワーは密で重そうですよね。

フィルパワーはこのように数値で表されるので、ダウンの品質について「嘘の付けない数値」となります。

ダウンの「品質」と「フィルパワー」

なぜフィルパワーが高いダウンが「高品質」とされるかを補足します。

出典:西川ストア

一般的にダウン製品とは、ダウンとフェザーの組み合わせによるものがほとんど。

上の画像のように、「ふわふわ部分のダウン」と「羽部分のフェザー」で構成されます。

ダウン:90~95%
フェザー:5~10%

これが黄金比率と相場が決まっており、ここは正直変えようがありません。
(低品質だと70%対30%とかはあります)。

ゆーすけ

じゃあどこで差がつくのだ?

出典:モンベル

モンベルの画像をお借りしましたが、このように高品質のダウンはモコモコでフワフワなのです。

寒冷地に済む水鳥ほど、保温性の高いダウンを含んだ羽を生やすらしいです。

かつ、その中でよりフワフワなダウンのみをピックアップするようです。

高品質の目安

800フィルパワーは?
900フィルパワーは?
1000フィルパワーは?

と、様々な質問がありそうなので、それを一気に応えていこうと思います!

ダウンのフィルパワーについて600~1000フィルパワーの分布を示した図

ここでは、フィルパワーを600~1000の5段階に分けて図解してみました。

たなりょう

勝手に作ったやで(笑)

ゆーすけ

結構評価が厳しいな!

近年はダウンの品質向上が著しく、各メーカーもフィルパワーを上げてきている状態です。

僕がアウトドアを始めた5-6年前だと、650FPは基本なレベルでした。

それが品質向上により、相対的にユーザーの評価も厳しくなってきている印象です。

たなりょう

現在では800FPは当たり前になってきたよね。

ちなみにですが、現時点でのフィルパワーの最強は1000FPです。

続いてフィルパワーとメーカーの分布についての図解が以下のような感じです。

ダウンのフィルパワーについて600~1000フィルパワーの分布を示した図
※2023年 ユニクロは750FPに格上げ

では、フィルパワーとそのランク及び、メーカー分布について詳しく解説していきます。

例として商品もいくつか貼り付けておくので、価格の参考にしてみてください。

1000フィルパワー|現時点での最強品質ダウン

ダウンの1000フィルパワーについて解説した図

前は1200フィルパワーのダウンシュラフがあったような…
1100フィルパワーだったかもしれません。

いつの間にか消えましたね(^^;

ということで、現状最強は1000フィルパワー

1000フィルパワーのダウン製品を作っているメーカーが数少ないことから、おそらくダウンの限界レベルに近いのかもしれません。

故に超高価格!
あのモンベルですら、薄手のダウンジャケットで30,000円近くします。

ニーズ的にも軽量&なる暖。

コスト的にも薄手のものしか存在しません。

後はアークテリクスのセリウム SV フーディとかもあります。

例外レベルなのが、ノースフェイスの1000FPダウンに、175,890円というぶっ壊れ価格のダウンが存在します(笑)

900フィルパワー|寝袋の最高級クラス

ダウンの900フィルパワーについて解説した図

900フィルパワーになると、寝袋も存在します。
ダウンジャケットはノースフェイス・マムート・フォックスファイヤなど、選択肢が増えますね。

現在確認できる最高級シュラフは、ナンガのミニマリズム180。
930フィルパワーのシルバーグースダウンを使用した、超ULシュラフになります。
※なお、ミニマリズム180は在庫切れのよう。

現実的にはモンベルのシームレスダウンハガーが、ラインナップも多く価格も人外ではありません。

ですが、どちらにせよ900フィルパワーというのはコスパとしては悪い部類です。

700→800の価格比率に対し、800→900フィルパワーは価格上昇が著しいです。
(後で詳しく解説しています。)

¥110,000 (2024/07/18 22:31時点 | 楽天市場調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

940フィルパワーのNANGAホワイトレーベルは、国内最強ダウンとして名高いです。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥60,000 (2023/08/01 14:19時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

ノースフェイスの900フィルパワーもありますね。

800フィルパワー|高品質と価格のバランスの良い所

ダウンの800フィルパワーについて解説した図

以前はかなり高品質とされていましたが、今やほとんどのアウトドアメーカーが800フィルパワーの製品を揃えています。

マウンテンハードウェアやコロンビアなど、ダウンに拘っていなくっても800フィルパワーくらいならありますよっ、って感じです。

先ほどもチラっと説明しましたが、800フィルパワーは一般的な価格になります。
登山などのアクティビティで、軽量化を意識するなら是非とも選びたい軽量品質。

900フィルパワーまではインナーダウンばかりでしたが、800FPからは少々厚手が存在します。

シュラフにおいても、800FPまで落とすだけでかなりコスパは良くなります。

このクラスからは、ネイチャーハイクなどの中華ブランドも参戦してきます。

非常にコスパの良い価格となっており、国内ブランドはうっかりすると食われますね。

700フィルパワー|寝袋でコスパの良いクラス

ダウンの700フィルパワーについて解説した図

800フィルパワーと並び、このクラスもわりかしスタンダードな印象です。

ただ、800フィルパワーと比べると収納サイズが小さくはなりにくいなと、明確に感じます。
ダウンが少し密になった分、ジャケットの弾力は感じられ、着心地としては好きな方もいるかもしれません。

いずれにせよ軽いダウンです。

イスカの寝袋「ダウンプラス」は720フィルパワーですが、モンベルダウンハガー650よりも安く、最コスパを叩き出しています(当ブログ調べ)。

\ポイント最大11倍!/
楽天市場

最近では、しまむらが700フィルパワーのダウンを作ったとのことで話題になった気がします。
しまむらのプレミアムライトダウン

信じられないのが、700フィルパワーで2000円という異常価格。

もはや他メーカーが価格勝負を放棄するレベル。

何がプレミアムなのか、価格がプレミアライトなのか?

※2023年更新情報

と思いきや、2022-23シーズンより、ユニクロのULダウンが750FPに格上げ。
それもお値段据え置きで。

ダウン品質の平均値が上がったことが、最も分かりやすく証明された瞬間でしたね。

600フィルパワー|かつては高品質

ダウンの600フィルパワーについて解説した図
※2023年 ユニクロは一段レベルを上げました

かつては600フィルパワーは高品質とされていました。
そして、大手アウトドアメーカーが作るダウンは、以前まで650フィルパワーが基本の印象でした。

たなりょう

650FPが高品質というのは
過去の話だね。

ですが、ユーザーが賢くなったのか?フィルパワーの知名度が上がったのか?

いずれにせよ軒並みダウンの高品質化が加速しており、相対的に600フィルパワーは低~中品質に置かれ始めました。

そのおかげで、以前は高品質を謳っていたユニクロのウルトラライトダウンも、650フィルパワーではちょっと置いて行かれている印象です。

※2023年以降 ユニクロダウンの品質向上

650FPでは時代遅れと感じたのか、しまむらの720FPに対してこちらもやはりFPを上げてきました。

新旧比較

しかも、壊れやすかったジッパーや肩回りの立体縫製など、使い勝手も格段に向上させてきています。

これで価格据え置きというのは、この物価高の中、非常に頑張ってくれていると評価できますね!

激押ししますが、本当に覚醒しています。

ゆーすけ

大手アウトドアブランドは、700FP以上ばかりだよね

モンベルのダウンハガーも、800からは新素材の「シームレス」を採用していますが、650フィルパワーのダウンハガーは旧型のまま放置されています。

まだまだ普通にラインナップはされています。

なんならマーモットに関しては、1000フィルパワーと価格がほとんど差がない商品もあります。

ぜひ、店頭でセール品を見つけた場合などは、フィルパワーに注意したいと思います。

600フィルパワー以下|Amazonのよく分からんメーカー

ダウンの600フィルパワーについて解説した図

600フィルパワー以下にもなってくると、流石に山では使いたいと思えなくなってきます。

600フィルパワー以下の製品はどのようなものかと言いますと。

このように聞いたこともないAmazonの中華メーカーが採用していたりします。
それでも600FP以上がほとんどなので、シュラフでも1万円を下回るクラスです。

登山というより、キャンプ用の域。
ですが、中華メーカーは激安なので、下手に高いモンベル650フィルパワーシュラフを買うよりも潔いかもしれません。

また注意したいのが、ノースフェイスなども全然550フィルパワーダウンなどを出しています。
高品質ダウンの選別に余った素材でしょう。

タウンユースと考えれば、SDGsの観点からは良い取り組みだとは思います。

中華メーカーのフィルパワーも軒並み向上しています。
(なんなら中華が一番著しい)

もはや大手=高品質、中華=低品質の構図は覆されています。

フィルパワーとコスパの話

ダウンジャケットに関しては、ブランド力やその他機能により大きく異なるので、シュラフで考えます。

例えばモンベルのダウンハガーで比較しました。
モデルチェンジの影響で、650フィルパワーは「ダウンハガー」、800フィルパワーは「シームレスダウンハガー」、900フィルパワーは「ドライシームレスダウンハガー」になっています。

ダウンハガー #1650FP800FP900FP
快適温度-5℃-3℃-3℃
価格38,500円49,500円68,200円
モンベル ダウンハガー#1

こうしてみてみると、650→800では¥11,000の差額があります。
対して800→900では¥18,700の差額となります。

もちろん、900フィルパワーは防水透湿素材なので、その影響は大きく受けそうですが。

ですが、こうしてみてみると650フィルパワーを買うなら800フィルパワーを買っても良いような気がしませんか?
900フィルパワーはさすがに買うのに勇気が要りそうです。

あとは、中華性のシュラフは800フィルパワー未満であればよく見つかります。
(※中華シュラフは当ブログでは検証していないので、購入には責任を持てません)

ということで、今回はフィルパワーについて図解をしてみました。

分かりにくかったらコメントなどどんどん受け付けます!
分かりやすかったら、他の記事も見ていってくれると嬉しいです!

では!

読んでくれてありがとう!

ダウンのフィルパワーについて600~1000フィルパワーの分布を示した図

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次