Insta360サマーセール開始中! 無料特典付き!

【超・正直レビュー】Insta360 Flow を扱ってみた感想【DJIとの比較も】

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

Insta360サマーセール開催中!

Insta360から、Flowを頂きました。

僕の専門は360度カメラと一眼レフですが、動画作成ツールにも興味はありました。

この際せっかくなので、Flowについても真面目にレビューをしていこうかと思います。

目次

Flowが大幅割引中!

Insta360の中でも人気製品のFlowが期間限定で最大12%OFFになっています!

公式サイトからの購入で無料特典も付いてきますので、この機会をお見逃しなく!

  • 通常版 :20,900円19,220円
  • クリエーターキット: 28,000円24,640円
  • プロ三脚キット: 26,000円 23,810円

\ 無料特典付きリンク! /

結論:動画クリエイターとしては「最有力候補」

なぜ冒頭に「動画クリエイターとしては」という文言を入れたかと言うと、本腰を入れないのであれば、そもそもジンバルの必要性が無いと感じたから。

そして「最有力候補」としたのも、後発のInsta360のほうがどうやら DJI を超えているような感じだったので。

これらを後に触れていきながら、レビューをしてきますね。

そもそも、最近の端末は優秀

Flow を扱う前までの個人的なイメージは、ジンバルは手振れ補正を抑えるため、という認識をしていました。

ですが、あえて端末手持ち撮影と比較して感じたことは、そもそも最近の端末は手振れ補正も含めて性能が良い

ということ。

普通の動画を撮影する程度なら、ジンバルは勿体ない。

恐らく多くの方が、ジンバルの性能を完璧に発揮することなくとも、手持ち撮影で満足な動画が撮影できるのかな?

と、感じました。

ここを理解しないまま Flow なり DJI なりのジンバルを購入すると、結局使いこなさないままになりそうです。

逆に、ジンバルの利点はどこにあるのか、ちゃんと考えてみました。

本当の必要性【ジンバルの利点】

ジンバルの本当の必要性は?

これはやはり、クリエイター的な撮影をしてみたいかどうか。

プロ・アマチュアは関係なく、動画の完成度についてはジンバルの出番だな、という印象を受けました。

いくら手持ち撮影の手振れ補正が優れたと言えど、手持ち撮影で物体を狙い続けるには限界があります。

このような、滑らかな追跡もジンバルの利点でしょう。

AIが追跡してくれるので、画面を見なくても良いのは利点ですね。

ジンバルで一番重要視したい機能は何か?

この問いを考えてみたところ、ジンバルの結論としては、追跡能力の高さを最優先とするべきかな?

と、個人的には感じました。

Flowを使ってみた

では実際に、Insta360 Flow を触ってみます。

おそらく比較されるであろう、DJI Osmo Mlbile 6 との比較も載せながらのレビューをしますね。

Insta360 FlowDJI OM 6
ハード面発売時期2023年3月2022年9月
重さ369g309 g
三脚内蔵
外付け可
外付け
バッテリー2900mAh1000mAh
稼働時間12時間6時間24分
スマホ充電機能 
内蔵アクセサリーシュー 
カラーバリエーショングレー
ホワイト
グレー
ストーングレー(黒系)
コントローラースマートホイール
ジョイスティック
ボタン
ジョイスティック
ソフト面アプリInsta360 StudioDJI Mimo
自動編集  
オートトラッキング性能DeepTrack3.0ActiveTrack5.0
ジェスチャコントロール  
インカメラ・アウトカメラ変更(撮影中) 
360度写真 
フォーカス制御 
ジョイスティック
操作の強弱に応じた動き
 
価格20,900円19,470円

ハード面

大きさはだいたいスマホと同等サイズ。

ケース込みのpixel7が229gだったので、おおよそ1.5倍ほどの369g

DJI OM 6 は三脚外付けタイプなので、DJIの 309g よりも 60g 重いですね。

ポケットにはイイ感じに収まります。

スイッチには干渉しないようになっていますね。

といっても、この辺りはDJIもどれも同じようなもの、と思っていただければよいかと。

ハード面で言うところのFlowの良い所は、三脚内蔵型と言う点。

外付けよりも確実にお手軽なのが良い所。

ジンバルは三脚の出番も多いはずなので、この手軽さはありがたい。

耐久性に関しては、普通に使えば多分大丈夫だけど、思いのほか弱そうなのが難点。

接続部がプラなので、乱雑な扱いはよした方が良さそうですね。

まあ、三脚に関しては後付けも可能です。

もし壊れてしまっても、Amazonなどで公式もしくは社外の安い簡易三脚を買えば良い。

そう考えれば、内蔵三脚は結構メリットかもしれません。

ボタンなど

再生・停止

ON/OFF

インカメ切り替え

カメラの向き

ズーム機能

縦横切り替え(ダブルタップ)

あとはAI追跡モードやら。

ようは、片手で操作は完結。

男性ならDJIも片手でやり様はありそうな感じですが、どうやら公式的には両手仕様のようです。

あと、Insta360は左右対称な感じで、指は女性でも届きやすそう。

左利きでも使い勝手は変わらないという点で、Insta360はノーマライゼーションってやつですね。

人によってはありがたいかもしれません。

性能面

pixelの画像録画機能で、動画をスクショしています。

トラッキングはこんな感じで表示され、追跡開始のボタンは背面の人差し指ワンタップ。

画面をタップして追跡物を変えてもイイですが、だいたい画面の中心近くに位置する、目立つ人とか物が対象になります。

なので、追跡の対象を選ぶうえで、こそばゆい感覚はあまり受けず。

Flowからは、「コレが追跡したいんやろ?」っていう意思が感じられました。

縦はこんな感じ。

インカメ切り替えボタンをダブルクリックすると、縦横は勝手に切り替えてくれます。

自撮り棒を伸ばして、角度も付けられますので、コレくらいの自撮りなら可能。

インカメには広角カメラが付いていないので、自撮り棒の伸び具合としては、欲しい長さは達しているねといった感触。

うちのワンちゃんを撮ってみました。

この子はすぐにひっくり返るのですよね。

ひっくり返ったのにかまってあげなかったので、拗ねちゃいました。

枠が緑になっている時は、正常に追跡しています。

柱に隠してみたら、黄色反応。

追跡を見失ったので、一時停止の状態です。

右に逸れて顔が見えると、追跡を再開します。

ここが一番重要なポイントなのですが、Insta360の製品に関しては、いつもAI性能の高さをウリにしているようです。

性能の高さが分かりやすい解説がありましたので、貼り付けておきます。

このように、Flowは追跡能力において、他のジンバルを超えるというのが一番の特徴かもしれません。

むしろiPhone等の内蔵手振れが強化されてきた昨今において、追跡機能は最も重要な要素かもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次