Insta360春のセール開始中! 最大30%OFF!

西吾妻山登山 展望ポイントは山頂よりさらに先なので要注意!!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

Insta360春の大型セール中!

百名山の吾妻山、今回は白布峠から登ってきましたが、結論から申しまして

「なぜ百名山なのか」

これに尽きますね(笑)

まあ、百名山の定義としては、とある小説の個人的な意見なものなので、単に登山だけではないので多くは語りませんが…

とにかく今回は、植物とキノコと戯れてきました(笑)

※このブログの写真は、一部lightroomで編集をしています。

目次

登山口は白布峠

今回のコースはコレ

ここを選んだ理由としては

  1. スタートの標高が高い(1406m)
  2. リフトを使わない(節約)
  3. リフトを使わないので早朝スタートが可能

以上になりますね!

標高差事態も600m程度と、たいした標高ではありません。

白布峠駐車場

ここが白布峠

広いですねーー

小さなジムニーだと余計に広く見えます

あまりに広いもんだから、ドリ車が夜な夜な暴れているんでしょうか?笑
タイヤ痕がはっきり残っていますねww

山から登る朝日の写真

リフトを使わずに歩くのは、早朝スタートが可能。

これが最大のメリットでしょう。

白布峠ルートの吾妻山登山道

登山道自体は樹林帯で、湿度の高い静かな道といった印象。

東北あるあるの木道+水芭蕉ルートも勿論あります。

古いマスタケ

こちらマスタケ

この子はもう古いので食べられませんが、若いやつは鶏肉の味がします(マジ)

てんぷらにしたらまさしく「とり天」
そのうち食べられるキノコの記事も、面白くまとめてみますね!!

白布峠ルートの吾妻山登山道

ジャングル的シダ植物と登山道

今日は広角レンズしか持ってきていないので、この手の画角が頻発します(;^_^A

CV

樹林帯を抜けますと突然の第一ピーク

ここが西大巓(にしだいてん)から見た西吾妻山。

うーん、西吾妻山はピーク感が無いなぁ

吾妻山のチングルマ
チングルマ

こっからはややお花畑ゾーン

チングルマの由来は稚児車(ちごぐるま)がなまったとかなんとか言われますが、そもそも稚児車自体なんやねんって話。

風車が由来とかも言われるが、稚児車と風車は関係ないし、結局よくわからんかった笑

面白い記事があったので、閲覧してもいいかも→あの高山植物の和名由来

吾妻山のワタスゲ
ワタスゲ

こちらはワタスゲ(今回調べた)

ワタワタとふわふわとした植物です(適当)

調べたところ、ワタスゲの花言葉は『揺れる想い』
うーん、かわいい笑

白布峠ルートの吾妻山登山道

お花畑ゾーンの後は、クマザサの猛攻

シャワーかのような夜露攻撃を喰らう

そして本日も我がサロモンは浸水

もはやゴアテックスの恩恵は1ミリも残っていないと言っても過言ではないだろう。

なんせ内張のゴアテックスは剥離している

白布峠ルートの吾妻山登山道

西吾妻山の稜線まで登りきると、木道ゾーンに

この辺は気持ちが良いが、東北では多く見る景色。

吾妻山のワタスゲ

ワタスゲ タイプ:草・ゴースト

いらん想像をしながら植物と戯れながら山頂を目指す。

吾妻山山頂

なんか出てきたと思ったら

山頂である

は?

そう、西吾妻山は展望0なのである。

まあいい、帰ろうw

食べられるキノコのアカジコウ

展望0、道中もさほど見どころも無く、撮れ高がッ!

なので取れ高を用意

これはアカジコウ

めちゃくちゃ美味いキノコなので、そのうち記事を作ります!

あとちょっと、吾妻神社まで足を延ばそう

どうも、その先の天狗岩というところまでいかないといけなかったみたい。

そこからは360°の展望が見えたようです…

リサーチ不足でしたね。

あとは冬に行く方が多分楽しいんでしょう。
冬に登りやすそうな山でした。

皆様はお気をつけて!

ちょっと物足りない記録でしたが、読んでくれてありがとうございます!

では!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次