Insta360ボーナスセール開始中! 無料特典付き!

Insta360 X4/X3はドラレコの代わりとして使えるのか?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

Insta360をドラレコとして活用したいのか、それとも使ってみたい口実として「ドラレコでも使える!」って思いたいのか(笑)

気になっている人は多そうですね。

僕も気になって、X4をドラレコとして使えるか検証してみたのですが、、、

結論、思った以上に優秀なドラレコでした。

今回は真夏の炎天下でInsta360をドラレコ使用した実証をもとに、X3とX4がドラレコ使用できる理由を解説します。

中盤は実際に使ってみたシーンや感想を。

後半はInsta360をドラレコ使用したデメリットなんかを語れたらと思います!

目次

【PR】Insta360からの
特別オファー!(期間限定)

この度当サイト及び、読んで下さる皆様に向けて、Insta360からの特別オファーを頂きました!

※キャンペーンは7/11までとなっています。

以下特典内容

X4をご購入の方

通常:特典なし

特別特典:114cm見えない自撮り棒

通常のリンクでは特典がありませんが、当サイトのリンク経由で114cm自撮り棒が付与されます。

\無料特典つき! /

なお、特典内容が反映されているかのご確認をよろしくお願いします。

詳しくは下記をご覧ください↓

Insta360がドラレコに出来る理由

そもそもドラレコより画質の良い360動画

Insta360 X4は最大で8K画質、最低でも4K画質を選択できます。X3は5.7Kと4Kがありますね。

ドライブレコーダーに必要な画素数は「200万(1920×1080)のフルHD以上のモデル」とされているので、4KだとフルHDの4倍の画素数です。

X3とX4はドラレコに必要な画素数は、ひとまず持っていますね。

というかX3ですら、ドラレコよりよっぽど画質は良いです!

夜間も見えるHDR動画

夜間対応のドラレコはHDR動画を搭載していることが多いですが、もちろんX3やX4もHDR動画は搭載です。

画質を4Kまで落としてもナンバーがハッキリと見えるので、当て逃げや煽り運転にも対応しますね。

撮影し続けられる(自動削除)

ドラレコは基本的に、動画をどんどん上書きしていきます。

過去に撮影した事故の無い動画は必要無いからですね。

Insta360には「ループ動画」という設定がありますので、30分ごとに古い動画を消していくモードがイイ感じです。

充電しながら撮影できる

Insta360 X4 Ace Pro GoProをドラレコとして使用する様子
今回はモバイルバッテリーだが、運転中はシガーソケットから可能

Insta360に限らずアクションカメラは、バッテリーを抜いて給電撮影が可能です。

これによりバッテリー残量を気にする必要も無いですし、熱暴走で止まる確率が一気に下がります。

Insata360 X4には新たに採用された「オートダッシュ」機能という物が搭載されまして、通電を確認すると自動で動画撮影を開始する便利な設定です。

ループ動画と組み合わせるとほぼドラレコでして、Insta360がいかにドラレコも意識しているのかが分かります。

ダッシュボードに置けるほどの熱耐性

湿度計は振り切り、右の温度計は測定不能を示した(笑)

今回の検証では、X4で4K撮影を外気温36℃という猛暑日で行いました。

ダッシュボードが50℃にもなる鬼のような環境にもかかわらず、1時間以上の連続撮影を続けました。

よほどこれほど劣悪な環境も稀ですので、ドラレコとしてほぼ使えると感じたのですよね。

そもそもドラレコも熱暴走する

ドラレコも熱暴走を起こすので、X3やX4は大きさというデメリット以外は、ほぼドラレコと考えて良いんだろうな。

って言うのが、今回検証してみた僕なりの結論です!

\無料特典つき! /

では!X4をドラレコとして使った実例を紹介!

X3の方の場合は、同様に置き換えてみてください!

Insta360 X4をドラレコとして使う準備

ざっとこんな感じの取り扱いで、X4はドラレコになります。

車種がジムニーという鬼狭な環境なので窮屈に見えますが、普通車ならばもっとマシだと思います(笑)

必要なアクセサリー

X4と万能フレームを取り付けた写真

X4ないしはX3をドラレコとして使うには、マウントが必要です。

組み合わせで色々使えますが、個人的には万能フレームと車載マウントの組み合わせがおすすめですね。

ドラレコとして使うために使えるアクセサリー
  • 車載マウント
  • 万能フレーム
  • (フレキシブル粘着マウント)
  • (クイックリリースマウント)
車載マウントの参考画像

フロントガラスが広々している場合は車載マウントのみでいいかもしれませんが、X4は特に縦長です。

万能フレームは横向きにも取り付けられるようになるので、スペースを確保するためにも便利ですね。

X3の横向きマウントはシンプル。X4には無い

X3の場合は横向きアクションマウントがありますので、万能フレームの代わりにこっちでもシンプルです。

フレキシブル粘着マウント+クイックリリースマウント+万能フレームの組み合わせは、一番固定力が高そうではあります。

この辺りは自由ですね

バッテリーは抜いておく

X4とバッテリー

バッテリーは抜いた方が熱暴走を抑えられますし、バッテリーの保護にもなります。

特に夏場なんかは抜いて撮影したいですね。

真夏に撮影してみた【X4】

僕は検証しやすいように目の前に配置しましたが、好きなところに置けば良いと思います。

USB配線をモールなどに特に這わせる必要がなかったので、ドラレコよりも初期設定は楽でしたね。

今回の撮影条件
  • 画質:4K24fps
  • 気温:36℃
  • 車内:50℃以上

撮影条件は上記の通り。1080Pが基本とされるドライブレコーダーで、4K画質は少々贅沢だがこれが最低画質。

ドラレコは等倍確認すれば十分なので、フレームレートは24fpsでオッケー。

この日は今年初めて岐阜で猛暑日を観測した日で、外気温は36℃。

車内温度に至っては50℃を超えているらしく、湿度計は撃沈、もう一つの温度計は「HI」と書かれて諦めました(笑)

検証中、2分でも滞在していると汗が出てきたので、僕はX4を残して家にそそくさと退散。

(撮影時は配線をミスって上から出しちゃってます)

ごめんよX4、頑張って撮影を続けたまえ。

しばらく放置の後、X4は以上を検出しましたとのことで、撮影の停止を確認。

そりゃそうだよな、無理だよこんな暑さの中、、、

と思いきや、撮影時間は思いのほか1時間以上。

77分の連続撮影が出来ていました。

思ったよりも出来ていたぞ…!

そもそもドラレコも熱暴走するという意見が散見されるので、悪条件では仕方ないのかもしれませんね。

それにX4は、数あるアクションカメラの中でも、最高レベルに熱暴走には強い傾向があります。

同社Insta360のAce Proも超える熱暴走への耐性があるので、炎天下の5.7K撮影でも1時間以上撮影を続けられるのです。

なんでこんなに強いのかは謎です。

ちなみに8K撮影はさすがに負荷が強いので、ドラレコならせいぜい5.7Kにしておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次