Insta360サマーセール開始中! 無料特典付き!

【Insta360×ロードバイク】自転車用マウントいろいろ使ってみた結果

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

Insta360は、僕が思うにロードバイクと最も相性の良いアクションカメラでした。

今回はInsta360から色々とマウントを頂いたので、撮影してまいりました。

というより、1分にまとめたのでコイツを見てあげてください。

そしたらだいたい分かりますので(笑)

↑見てくれましたか!

では、ブログで解説していきます!

こんな感じの画角や

こんなのや

工夫次第で色んな画角が撮影出来てしまったので、こりゃあ楽しいアイテムでした。

正直必要ないかな?

と思ったマウントもあったので、失敗しないように最後まで見ていってください!

目次

【PR】Insta360からの
特別オファー!(期間限定)

この度当サイト及び、読んで下さる皆様に向けて、Insta360からの特別オファーを頂きました!

※キャンペーンは7/11までとなっています。

以下特典内容

X4をご購入の方

通常:特典なし

特別特典:114cm見えない自撮り棒

Ace Proをご購入の方

通常特典:スクリーンプロテクター

特別特典:バッテリー10%OFF

\特別料金にてご案内! /

なお、特典内容が反映されているかのご確認をよろしくお願いします。

詳しくはコチラ!↓↓

Insta360 X3

GoProとかアクションカメラより断然楽しくない?

ってなって、アクションカメラの存在意義が個人的に揺らいだ名品。

持って歩いているだけでも楽しいコイツを、今回はメインにロードバイクで使ってみます。

自転車撮影キット(ハンドルバーマウント)

とりあえず基本のやつから行きましょうか。

テンポよく解説しますね!

結論から言いますと、正直このハンドルバーマウントと、無料で貰える自撮り棒で完結しそうです。

まずは立てて撮影。

自分も映りますが、画角をかなり広げないと身体だけ見切れちゃいます。

なのでおそらく360°レンズの270°分くらいをつかって、コレくらいグッと広い画ならば全身が映りそう。

画角が自由なのは、360のメリットですよね!

前方はこんな感じ。

手元も映ってるので、様子が分かりやすいです。

次は倒してみましょう。

画角的には、多分コッチが正解?って感じでした。

中々良いぞ!

手元の操作感も分かりやすいし、画角もほどほどの超広角感。

余談ですがこのマウント。

数千円と結構高っかいだけあって、締め感とか丈夫さとかはバチクソに良好。

持ってるだけで高級な感じが分かります。

Insta360
¥74,800 (2024/06/11 11:05時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo

Insta360 公式サイトでチェック
自転車撮影キット 8,300円

このマウントの応用編は後半に紹介しますが、次は第三者視点マウントに移ります!

第三者視点ハンドルバーマウント

コレですね。

セッティングはかなり簡単。

1分で出来ます。

それでいて、思いのほか目立たないので、つけっぱでもイイかも。

というのも、マウントが3つあるので、GoProとかInsta360の他製品も付けられちゃうのです。

結構便利。

余談ですが、アクションカメラのAce Proは、可動モニターがロードと相性◎

ワンタッチマウントの調子も良いので、ロードバイク×アクションカメラなら、ほぼコイツ一択かと。

肝心の画はこんな感じ。

ちょっと前に伸びる分、基本のマウントよりも無理ない画角で写せますね。

横長画角ならこんな感じ。

こちらもイイ感じですね。

細いのでピヨピヨ跳ねるかな?

と思ったのですが、手振れ補正も含めて揺れはほとんど気にならない感じでした。

Insta360優秀です。

公式サイトでチェックする

第三者視点テールマウント

取り付け時は結構目立つので、常時付けておくのは少し勇気が要ります。

mont-bellのサドルバックと、ギリ共存できるのは結構ありがたいですね。

画に関しては、一番イイ感じかもしれません。

ですがちょっと難点がありまして、ダンシングをすると揺れます。

ハンドルバーマウント系と比べますと、明らかなデメリット。

画はイイ感じなので惜しいですね。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo

構造上仕方ないのかもしれません。

ところで、自撮り棒をテールに取り付けたことで、一つひらめきました。

ハンドルバーマウント(アレンジ1)

この画、めちゃくちゃカッコいい。

どうやったかといいますと、

こんな感じに、ハンドルバーマウントを下に向けて自撮り棒で伸ばしました。

低空飛行をさせるので、長時間の実用性は無さそう。

といっても、景色の良い所でカッコいい画角が撮れそうです。

オロロンラインをサイクリングする男性

自転車旅の時に持っていればなー…

と、思いました。

ハンドルバーマウント(アレンジ2)

ハンドルバーマウント+自撮り棒ほどほど伸ばし

もう一つ僕は気づいてしまった。

これでも出来るやん?

画角はあまり変わらない、というかちょっと伸ばせる分幅が広がる。

好きな方向に、若干斜めとかできるし。

安定性に関しては、若干劣るかな?くらい。

これ

ハンドルバーマウントの耐久性が完璧すぎて、他の製品を食う勢いで使いやすい。

ってことで、ハンドルバーマウントと自撮り棒があれば、第三者視点はある程度完結しそう。

Insta360
¥74,800 (2024/06/11 11:05時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo

Insta360 公式サイトでチェック

自撮り棒のみ

そもそも、ちょっと手を放すくらいなら大丈夫でしょう。

自撮り棒を伸ばしておけば、こんな感じの画が撮影できます。

見えない自撮り棒ってホント便利ですよね!

え?

影が気になるって?

そんなもん、消しゴムマジックで消してやるのさ。

後ろに伸ばしても良き

画角をめっちゃ広くしても良き。

Insta360、めっちゃ楽しい。

ほんと、Insta360を自転車旅の時に知っていればなー…

GoProより絶対に相性いいやん。

それと、Insta360はロードバイクじゃなくっても楽しいです。

冬のシーズンとか

普段の旅行とか

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 16902765600771-1024x576.jpg

お花畑の中に自撮り棒で伸ばしてみたり

持って歩いているだけでも、パッとする画が撮れるのが良い所なのですよね!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次