Insta360春のセール開始中! 最大30%OFF!

【危険】カキシメジをチャナメツムタケと間違えて食べてしまった話

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

Insta360春の大型セール中!

タイトル通りでございまして、僕は恥ずかしながら、チャナメツムタケと間違えてカキシメジを誤食(正確には誤食しかけた)しました。

その時の状況は、

①標高2500mの山小屋傍のテント泊
②独りぼっち

食ってしまったことに不安を抱いたのですが、ググって出てきたのは
「嘔吐・下痢・頭痛」
「集団食中毒」
「病院送り」など、より不安を煽る文言。

お…おい、
僕も病院送りかいな?
ヘリか? ヘリなのか?

こんなことを考えたりもしていました。

結論、僕は何事も無く経過しました。

とはいえ、
その時は心配でしたね(^^;

①なぜ僕が誤食したのか?
②経過時間にどんな行動をしたのか?

もし、皆さんが同じ状況に至った時の参考になればと思います。

せっかくの経験です。
残さない訳に行かない

まず結論から

  1. 誤食したらまず吐き出そう。
  2. 汁も捨てよう。
カキシメジの誤診から誤食まで
  • なぜ間違えた? その状況と心境
  • なぜ誤食に気が付いた
  • 気が付いた後に僕が採った行動
  • 潜伏時間までの経過
目次

なぜ間違えた? カキシメジとの出会い

北アルプスの烏帽子岳、そいつを登っていた時にキノコに出会います。

まずは食べられるキノコが連発したのです。

アブラシメジ
アブラシメジ(もしくはヌメリササタケ)
ハナイグチ
ハナイグチ

うはは!!
超楽しいぜ!!

この時点で僕の脳内は、キノコ狩り楽しいぞモードに。

しかも偶然か嫌がらせか?
「ヌメっておいしいキノコ」が連発したのです。

毒キノコを一眼レフで撮って…恥ずかしいぜ

そして出てきたコイツ。

おいしそうに僕に語り掛けてきました。

しかもヌメっている。

ヌメっておいしいキノコが連発したことで、直感で「チャナメツムタケ」だと誤診しました。

先入観というのは恐ろしい

ちょっと考えれば分かる。
チャナメツムタケには「ササクレ」がある。

そんなこと、初心者の頃は確認していた。
同定を怠ったのだ。

そんな脳内でも、一つ違和感を感じていた。

チャナメツムタケか?
シロナメツムタケか??

どちらか分からない、違和感を感じたのだ。

「どっちでもいいやー^^」

違和感を無視した。

間違えた要因
  • 食べれるキノコの「流れ」で誤診。
  • しかもヌメリキノコ連発
  • キノコ歴を重ねて「同定を怠った」。
  • 違和感を無視した。

僕はこの、違和感を無視したのが一番大きいと思いました。

違和感がある=間違い

経験上違和感があるキノコは、だいたい間違っています。

鍋でソイツを食いかける

山頂で鍋を喰らう。

この時は気づいていなかったので、あたかも旨そうな飯を見せびらかすように写真を撮っている。

くっ…お恥ずかしい。

ちなみにここで、2本のうち大きい方の1本を入れていた。

ルナーソロで寝転んでいる男性

あらあら、しかも余裕をぶっこいている。

鍋は煮え、旨そうだが何が何だか分からなくなっている。

途中まで、ハナイグチだとか肉だとか、具材をいくつか食べた。

チャナメツムタケ(のつもり)は2本だけだったので、貴重だと思い「後半に食べた」。

ん?
…苦い!?

そう、カキシメジは苦いのだ。
そして、軸はボソッとした食感で、噛むと崩れる。

おそらく中空の軸ゆえ、脆いのだと思う。

違和感を感じた僕は、すぐに吐き出した。

そして、カキシメジだと気付いた僕は、入っていた具材と汁とともにトイレに捨てた。
(まずは食材とトイレさん、ゴメンナサイ(涙))

烏帽子岳テント場

…気が気でなかった。

一応電波が届いたので、カキシメジの症状を漁りまくった。

「嘔吐・下痢・頭痛」
「集団食中毒」
「病院送り」

どれも嫌なものばかり。

何本で中毒する?
汁を吸った具材だけでアウト?

この時、少量で誤食するかを知りたかった。

だからこそ、今こうやって記事にしています。

結局、残念ながら潜伏時間の3時間を過ぎても症状は出なかった。
(というか途中から寝ていた(笑))

無事だった理由
  • 違和感に気づいてすぐに吐き出した。
  • もったいぶらずに捨てた
    (山で食材は貴重よ)
  • 汁を多く飲んでいなかった
    (翌日使う予定だった)

カキシメジの毒性について

カキシメジの毒について、以下のようにも記載されている。

母親がこれを知らず 2 本のきのこをうどんに入れて摂食。母親はきのこのまろやかな味と香りが相俟って美味しいので、汁を 3 杯飲んだ。父親は不安もあり、汁だけしか摂食しなかった。本人は食べているうちに口の中がなんとなく灰汁っぽかったので、よく見ると汁の中にカキシメジがあるのに気が付いたが、そのまま摂食。摂食 30 分後、激しい吐き気と嘔吐があり全て吐き出した。その後 15 分間隔で母と本人は激しく嘔吐した。嘔吐と嘔吐の間は無症状で全く健康状態に戻ったが、母親は次第に顔色も悪くなり、全身に力が入らなくなったため病院へ受診した。母親はその日入院、新聞に載るのが嫌で翌日自己(専門用語では事故)退院した。本人も生理食塩水を飲んでは嘔吐を繰り返した、摂食 2 日間ほどで全く回復した。

厚生労働省

カキシメジの本数は2本、汁しか飲んでいない母親ですら入院しています。
不安がった父親は、汁の摂取量も少なかったのでしょうか?

ここで冒頭の結論に戻ります。

カキシメジは水溶性の毒なので、
汁も毒に侵されています。

勿論実も食うといけません。

僕はかじった時点で吐き出し、
汁も、汁を吸った具材もすべて捨てました。

引用の文章に出てくる父親は入院しなかったことから、少量であれば無症状なのだと考えられます。

実際、「自然毒のプロファイル」にもこう書かれています。

水溶性であるため,何本食べたかより,毒成分が溶出した汁をどのくらい摂取したかによって潜伏時間や症状の現れ方に差がみられる。 

厚生労働省

やはり、違和感を感じたら食べない、ということでしょう。
これは、採集の時も実食の時も同じですね。

それでも不安な場合

自分で吐き出せる人はいいのですが、僕はそうでありません。
潜伏の30分~3時間をやり過ごした経過を記録します。

ポカリを多めに作る。

でした。

食べた量が少量だったので、おそらく中毒しても軽傷だと予想しました。

そのうえで、嘔吐・下痢に対してできる手段としたら、脱水を免れる事。

多めの水分と電解質補給を、できる準備だけはしておきました。

と、まあ
僕が伝えられることはここまでです。

皆さんの症状がひどくなりませんように!

少量だった場合は何事もないといいですね!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次