Insta360サマーセール開始中! 無料特典付き!

【夏靴で代用可能?】冬期登山・雪山における冬靴の必要性について

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
たなりょう

どうも!アバウトドアです!

今回は中でも、タイトル通り「冬靴の必要性」について!

冬山という未知なるエリアに挑戦しようとする方は、こんな悩みをお持ちではありませんか?

まって、冬靴高すぎじゃない?

まずは入門の山から始めるし…
代用できないかなぁ?

そう、冬靴は吐き気を催すほど高いのです(笑)

結論から申しますと、代用は可能です。

ですが、代用できてしまうから怖い、という側面も持ちます。

ここでは、冬靴でも夏靴でも、ただのブーツでも冬期トレッキングをしている僕が、冬靴以外の可能性について語ってみようかと思います。

たなりょう

雪山を始めようとする皆さんの、助けになったらと思います!!

目次

ざっと結論から(※最後まで読んでね!)

夏靴スノーブーツ
低山(積雪なし)
低山(積雪あり)〇(ハイカット)
高山(厳冬期)△(行けるけど気を付けて)
上高地など〇(行けるけど気を付けて)〇(要ゲイター)

厳冬期の3000m級も、実は夏靴でも行けちゃうかもしれないのです。

こんなこと言っては、お堅い山の人たちに怒られてしまうかもしれません(笑)

ですが、ちゃんと条件や理由があるので、できれば最後まで読んで頂きたいと思います。

では、低山から説明していくで!!

低山(無積雪)

ここは南アルプスなので、正確には3000m級です。
参考画像までに。

コレくらいの積雪ならば、ハイカットでもローカットでも、どんな靴でも大丈夫ですね。

むしろ積雪が無いのなら、重くて硬い冬靴で行くメリットはほぼありません。

お好きな靴でどうぞ!

低山(積雪あり)

冬の荒島岳ナイトハイクで見た朝焼け
1月の荒島岳

夏靴で積極的に行ける冬山は、上の画像くらいまででしょうか。

僕が初めて登った雪山は、荒島岳(1523m)。
その時僕は、ハイカットの夏靴で登山しました。

アイゼンを履いた革靴

冬の低山で使う登山靴は、ハイカットがいいですね。

理由は、アイゼン着用が必要なので。

それと雪が入ってくるからでしょうか。

冬の荒島岳ナイトハイクで見た朝焼け

寒いと言っても、1000m級なら寒波の早朝で-10℃程度。

夏靴でもどうにかなるレベルですね。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo

ソックスを極暖にすることで、冷え対策のインパクトとしてはかなり影響します。

冬靴を買っても使えるので、コスト的には明らかにソックスで対応した方が良いでしょう。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo

アイゼンは、夏靴対応のストラップ式を選びましょう!

3000m級(厳冬期登山)

2月の摩利支天(西稜)

このクラスになってくると、正直冬靴が欲しいところ。

だけどもとある条件下で、夏靴でも行けるかもしれません。

2月の新穂高ロープウェイより

一つ目は、晴れているということ。

これは確実に狙っていかなければなりません。

そのために、「冬型の気圧配置」「南岸低気圧」。

コレくらいの言葉を説明できるくらいには、天気に詳しくなっておいた方が無難です。

僕の友達は、何年も雪山に登っているのに、未だ夏靴(笑)

アイゼンも10本アイゼンを貫いていますね…

たなりょう

はよ買えw

素手でピッケルを持っていますが、それだけ晴れていれば暖かいものです。

ちなみにですが、夏冬兼用ならば革靴がおすすめ。

化繊のものは雪で脱色され、みずぼらしい姿になっていきます(笑)

浸水することで冷えやすいですし、生地へのダメージも深刻。

結局あまり、おすすめしないというわけですね(^^;

理解しておきたいこと

厳冬期でも可能とは言いましたが、時に雪山はこうなることを認識しておいてください。

行動中にご飯をしっかりと食べ、動き続け、体が正常に働いていれば、悪天候でも夏靴対応は可能でしょう。

もし悪天候下で体の機能が停止したら?

体温低下を防ぐため、血液は優先的に体(中心部)幹を守ります。

足指(末端)に割く、血液のマージンなんてものはありません。

冷えて血流が低下した足指は、凍傷の前にまず痛くなってきます。

その状態で、アイゼン歩きができるとは思えません。

行動不能や機動力低下は、気圧低下によるさらなる悪天候を受け入れるようなものです。

というわけで、厳冬期に夏靴で登るというのは、以下の条件が含まれます。

  • 12本アイゼンは使えない
  • 小屋が近くにある山を選びたい
  • 悪天候に細心の注意を払う

要するに、マージンもってやりましょうぜ!

ということですね!

上高地

厳冬期に上高地トレッキングをしたい!

そう思う方は多いでしょう。

ここは、ちょっと違ったエリア。
もしかして登山靴すら、必要ないかもしれません(笑)

2月の上高地

試しにスノーブーツで行ってみたのですが、これまた快適♡

スノーブーツと登山靴の違いは、なんといっても脱ぎ履きしやすさと歩きやすさ。

釜トンもそうですが、坂巻温泉から歩く場合は、車道やトンネル箇所が非常に多いです。

クッソ重い冬靴は、そんな下界歩きに「超不向き」。

スノーブーツで登山靴の代用するか!

というより、スノーブーツでおk

のほうが近いかもですね(笑)

特にテントを張る場合なんかは、脱ぎ履きしやすいスノーブーツがおすすめですね。

¥11,550 (2024/06/07 14:01時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo
¥14,388 (2024/06/07 14:01時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo

【補足】冬靴と夏靴の違いについて

他のサイトでも言われているので、軽く補足しておきます。

保温性

内部に保温剤が入っていることで、保温性を高めます。

なるべく効率よく暖かくなる素材を、各メーカーが頑張って作ってくれていますね。

足元は着こめませんので。

撥水性

雪が付きにくいように、表面は革でできていることがほとんど。

雪が付きにくいので、化繊のように脱色したり劣化したりしにくいです。

ソールの構造

本格的なアイゼンが付くように、コバという引っ掛かりが作られています。

ソールが硬くてたわまないことも、アイゼンとの相性を良くしています。

12本アイゼンが、ガッツリ雪面にぶっさせるのもこの影響が多少あります。

クッソ重い

最後はデメリットですが、最大のデメリット。

めちゃくちゃ重たいです(^^;

これがあるから、冬靴持ってても夏靴で行きたいくらい(笑)

晴れを核心している場合は、僕でも夏靴を履いて行ったりするくらいですね。

雪山行こうぜ!

天気が良ければ素人でも行ける。
天気が悪けりゃプロでも死ぬ。

それが雪山。

夏靴で冬山に登るには危険もありますが、それは経験にもなります。

低山での経験は、冬靴を選ぶ際のヒントにもなります。

是非!
みなさんも楽しい雪山の世界へ!!

読んでくれてありがとう!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次