【2024年更新】NEMOの山岳用マット全6種を徹底比較!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

山岳マットでお悩みの方に朗報です。

今年2024年、NEMOがマットのラインナップを一新し、かつ分かりやすくシンプルにまとめてきました。

どうも!アバウトドアです!

去年まではサーマレストの陰に隠れて、あとちょっと惜しい感じだったNEMOですが、今年になって逆襲を仕掛けましたね。

これで元々良かったインフレータブルはそのままに、エアマットまでサーマレスト超えを実現した感じ。

しかもコスパまで優秀ときているので、ユーザーはNEMOから選びやすくなったのではないでしょうか?

では、NEMOの全種マット紹介、参りましょう!!

目次

2024年 NEMOのマットが更新

前述のとおり、NEMOのマットが更新し、ラインナップはシンプルに。

そして一つ一つ見ていくと、スペックもイイぞこりゃ。

エアマットが最強クラスに

出典:NEMO

まず注目すべきはTENSORシリーズですね。

R値を前モデルより大きく増やし、カサカサ音の軽減や耐久性の向上に成功した模様。

当然価格は上がりましたが、サーマレストのような暴力価格ではないために、ホッとしたユーザーも多いはず。

これでTENSORシリーズはエアマット界のトップに君臨するか?

インフレータブルは健在

ニーモ・イクイップメント(Nemo)
¥16,600 (2024/04/17 06:55時点 | Amazon調べ)

インフレータブルはもとよりサーマレストを若干上回るような性能であり、かつショップでもよく見かける人気製品でした。

僕の友人も使っており、安定感としても定評がありました。

ZORとORAに関しましてはそのまま健在ですね。

フライヤーがひっそりと廃盤

その陰で、ひっそりと廃盤になってしまったのはフライヤー。

サーマレストのプロライトエイペックスと比較しても、どっこいどっこいの性能で、なかなか面白いと感じつつも買わなかった品です。

僕と同様に、面白そう、良さそうと感じつつも、どこか中途半端そうなその立場故に、選びにくいと感じていたユーザーは多いと思います。

残っている在庫も値上がりしているというわけではなく、どちらかと言えば値下げして売ってしまおうの方向性。

多分そのうち、市場から姿を消しちゃいますね。

NEMOのマットの特長(まずはざっくり)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次