Insta360サマーセール開始中! 無料特典付き!

【ワンサイズ上?】ショーワグローブのテムレスシリーズ 種類とサイズ感の話

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

Insta360サマーセール開催中!

目次

サイズ感の話

結論から申します。

公式のサイズよりも、一つ大きめを選択するのが正解です。

サイズ手のひら周り中指長さ
S18.0 cm6.9 cm
M20.0 cm7.2 cm
L22.0 cm7.8 cm
LL24.0 cm8.3 cm
テムレスシリーズのサイズ
出典:日本手袋工業組合

サイズ表記の「手のひら周り」というのは、どうやらこのように計測するようです(手囲い)。

どうやら僕は24㎝。
ちなみに中指は7.8㎜でした。

ということで、ピッタリサイズはLサイズ!

だけども…

だけども?

僕が愛用するのはLLサイズ

なんでだ!?

ちょいと僕の体感の話をさせてください!

通常使用をする場合、ピッタリサイズよりも一回り大きいサイズのほうが暖かく感じます

風とか雨とか冷たい

こんな感じに、隙間がある方が保温するイメージ。

逆にピッタリサイズだと、薄い素材が肌に張り付き、雨風の寒さや冷たさを感じます。

中にインナーを追加できるのも、一段大きめサイズの利点。

張り付きやすい雨の日の着脱も、大きめサイズならノンストレス。

サイズ保温性精密性着脱重ね着
L×
LL
Lサイズの人の場合

精密性を求める職人用の手袋としては適しませんが、アウトドア仕様ならワンサイズ上のほうが利点が多いです。

防寒テムレスの場合

手のひら周り中指長さ
M21.5 cm7.8 cm
L24.5 cm7.8 cm
LL26.5 cm8.3 cm
3L28.0 cm8.7 cm

これも同様にして、僕はLサイズがぴったりでした。

だけどもちょっとお待ち。

Sサイズがない代わりに、3Lサイズが存在してる…?

そう!
多分僕の予想だけど…

防寒テムレスってのは、通常版テムレスよりも重ね着を意識しているのでしょう。

ここでも考え方は同じ、ワンサイズ大きめを選ぶと使いやすいです。

サイズ保温性精密性着脱重ね着
L×
LL
Lサイズの人の場合
冬の荒島岳ナイトハイクで見た朝焼け

登山は常に、レイヤリングの考えですし

着脱が多くなりがちな洗車だとか大掃除は、ワンサイズ大きめが楽ですねー。

サイズが大きいほうが、保温性が上がる。

これは通常のテムレスよりも防寒テムレスの恩恵は大きい!

では!
ここからは各シリーズを簡単に紹介!!

通常テムレス

ぺらっぺらのテムレスだな!

雨天用グローブとして、これ以上のないパフォーマンス!

僕は雨の時、だいたいこいつを使っています。
(むしろこれ以外持っていない)

なぜこれ以上持っていないかと言いますと、多分ゴアテックスよりも使い勝手がいいから!

防水性はゴアテックス以上!
(ゴムなので!!)

透湿性は別にそんな気にならない!
(手なので!!)

汚れてもいいし、岩をガンガンつかんでも気になりません。

なんせゴアは摩耗するし、劣化もするので。

高いし

ということで、僕はテムレス激押し派!
それしか使ってない(笑)

ジャージテムレス

これはやめとけってやつw

このジャージ部分がクセモノで、オモックソ水を吸うんですわw

意味ないやん!!

水は吸うし、収納性は減るし、水はけも悪いし…
裾の上に覆うため、手を下に下げているとレインウェアから水が垂れてくる。

いいことなし!!

普通のテムレスで十分!

黒テムレス(03advance)

カフとドローコード付きのテムレス。

だけども個人的には、通常のテムレス(ブルー)でOK

このように手袋を裾に入れたほうが、水が中に入ってきにくいです。

ペラペラテムレスを折りたたみ、レインの裾にしまうのが賢明。

防寒テムレス

クソダサブルーとブラックがありましたが、最近オリーブグリーンという新参者が増えました。

価格と色のバランスから、青と黒の需要を消し去りかねない存在。

防寒テムレスならオリーブグリーン以外無いだろって感じ。

それでも僕は、青が好き

目立って見つけやすいからなww

防寒テムレスに関しては、以下の記事で力説しています。

おそらく日本で一番、テムレスを詳しく解説していると自負しております(笑)

安くてコンパクトなので、登山用の防寒や予備として!

冬場の洗車用とかめっちゃ使ってます。

12月は寒いので、大掃除とかも助かる。

完全防水なので、まー---楽ですよね。

ゴアテックスとかいらんわマジw

黒テムレス(02winter)

テムレスシリーズ最上級にして、最高級黒テムレス。

っても3400円だけどw

3400円とはいえ、防寒テムレスが1500円程度のことを考えると、ちと高い。

黒色化&カフ付きで倍以上の値段はどうなのかと、毎回思います。

なので僕は、自作で端切れを縫い付けました。

ただこれ、割烹着母さんの天ぷらグローブ袖のよう。

かなりダサいので、おとなしく02winterを購入した方がいいでしょうw

黒テムレスは、スノボの時にめっちゃ多様しています。

雪は雨と違って、袖を伝って中が濡れることも在りません。

冬用に関しては、黒化(袖付き)のメリットが大きいと感じます。

ということで、テムレスのサイズ感と種類の紹介記事でした!

テムレス系の記事はたくさんあるので、よかったら見ていってください!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次