Insta360春のセール開始中! 最大30%OFF!

比較【Insta360 Ace Pro】VS【GoPro HERO 12】買うならどっち?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

Insta360春の大型セール中!

2023年11月、Ace Proが発表。
Insta360の新しい高性能アクションカメラです。

どうやらGoProをスペックで抜いたと噂のAce Pro。

アクションカメラ=GoPro

このイメージが覆され、Ace Proが選択肢に入った方も多いのでは?

ということで!

今回は【Insta360 Ace Pro】vs【GoPro HERO 12】

詳しく詳しく、比較解説していきます!

おそらくどこより詳しい比較になっていると思います!

目次

結論:性能面と使い勝手でAce Pro

先に示した方がすんなり入ってくると思い、先に述べさせていただきました。

結論は、マウントシステムやフリップスクリーンなどの使いやすさ。

ズーム性能やセンサーサイズなどの画質面など多くの点で、Ace Proが優位でした。

DJIと比較は「どちらも甲乙つけがたい」という結論になりましたので、一概にAce Pro最強とは言いづらそうです。

Insta360が本気のアクションカメラを出した

え、なにこれ、良さそう

アクションカメラと言えばGoProじゃないの?

定番と言えば GoPro だったけど、新しく出た Ace Pro が気になる。

360度カメラは持っていないけど、今回初めてInsta360を意識した。

そんな方も、おそらくいらっしゃるかと思います。

まずはスペック表を見ていきましょう。

参考までに、DJI Osmo Action 4のスペックも比較してあります。

Ace ProHERO 12Osmo Action 4
価格67,800円62,800円
(46,800円)
44,000円
センサーサイズ1/1.3インチ1/1.9インチ1/1.3インチ
F値F2.6F2.8F2.8
レンズライカレンズ(記載なし)(記載なし)
ISO100~6400100~6400100~6400
最大解像度8k5.3k4k
スロー性能4k/120fps4k/120fps4k/120fps
写真解像度4800万画素2700万画素1200万画素
焦点距離0.35m 〜∞0.39m 〜 ∞0.4 m 〜 ∞
耐水性10m10m18m
モニターフリップ可能両面両面タッチ
マウントクイックリリースネジ固定クイックリリース
デジタルズーム画質劣化なし画質劣化あり画質劣化あり
対応温度-20°C〜40°C-10°C〜35°C-20°C〜45°C
バッテリー1650mAh1720mAh1770 mAh
充電速度(100%)46分1~1.5時間51分
マイク333
重さ179.8g154g145g
各社アクションカメラの解像度比較

ぱっと見◎が多いのが、Insta360とDJI。

特に重要な箇所には赤線で強調しています。

シンプルながら高性能なOsmo action 4と、高性能&多機能を貫いたAce Pro。

どちらかと言えば、GoProはどっちつかずの製品になってしまいました。

購入は当サイトからがおすすめ!

当サイトでは、ただいまInsta360とタイアップ中でして、特典内容が豪華に!

通常1,750円の特典(フィルター)が、6200円分のバッテリーとなっています!

\ 1年間の無料保証&特別無料特典付き!

※このリンクからの特典となりますので、移動後はご確認をよろしくお願いします<(_ _)>

【Ace Pro】vs【HERO 12】

価格

出典:GoPro

なんだかんだ重要な項目ですよね。

GoProが62,800円なのに対して、Ace Pro は67,800円という強気価格。

というのも、GoProはHERO6~7辺りから株価急落による弱気価格。

逆にInsta360は最近強気の価格設定です。

とはいえAce Pro の性能の高さからすると、個人的には拍子抜けする価格でした。

もっと7万とか8万円すると思ってました。

なお、GoProに関しては楽天Amazonで購入するよりも、公式サイトでの購入が一番安いです。

サブスクに加入する必要がありますが、55,400円+サブスク3000円(2年目以降6000円)
58,400円がHERO 12の最安値。

Insta360のアプリの機能は同等に近いですが、
あちらはカメラ購入によりアプリが無料

センサーサイズ

出典:Insta360

おそらく全ての比較の中で、一番画質に直結してくるのが「センサーサイズ」。

カメラ機材におおよそ150万円ほどかけている僕は、センサーサイズの重要さを知っています。

1/1.9インチよりも1/1.3インチ、それよりも1インチセンサー。

センサーは大きい程画質は良くなります。

また、暗所性能にも有利となりますね。

アクションカメラやiPhoneがどれだけ良くなろうと、一眼レフに及ばない理由でもありますね。

今回Insta360は、Ace Proで1/1.3インチセンサーを採用してきました。

これでDJIと並び、GoProは追う側の立場に回ってしまいました。

いずれにせよ、画質面でAce Pro は、HERO 12の上にあると言えそうです。

画質面はAce Proに余裕がある

レンズ

Ace Proのレンズに「LEICA SUMMARIT」の表記が

画質における重要な3本柱としては色々と要素がありますが

画質における重要な3要素
  1. センサーサイズ
  2. レンズ
  3. チップ(AI処理能力)

があります。

一眼レフを一つ例に挙げましょう。

②のデカいレンズが付けられること
数十年蓄積されたレンズのノウハウ

この二点も、一眼レフの画質を支えています。

余談ですがiPhoneの画質については、③のチップ(AI処理能力)の性能にヒントがありそうです。

Ace Proに関しては、アクションカメラ業界初

レンズに本気カメラメーカーと共同開発という取り組みが見られます。

しかもお相手はライカ(LEICA)
マジモンの本気メーカーです。

これは前作の Insta360 RS 1 inch でも採用されていますね。

Ace Proレンズに書かれる「LEICA SUMMARIT」の表記。
中古で100,000~300,000円とかします。

共同開発なので本物ではありませんが、名前を冠するだけの気合はあるかと思われます。

撮影:Ace Pro

Ace Proで撮影した、剱岳の道中の写真。

ブログ掲載用なのでサイズを1/10以下に落としていますが、それでもよく描写されています。

特に背景になっている、右奥の山脈
質感が良く再現されているかと思います。

※追記 Ace Proの作例を置いておきます。

登山に行った際、Ace Proで沢山良い写真を収めることができましたので、その作例を一部おいておきます。

Ace Proはとにかく暗所性能が高く、光の作り方が上手いカメラになります。

太陽に向けて撮影したとしても色は飛ぶことなく、雲海に映ったオレンジの色も綺麗に再現されていますね。

手前の雪の質感についても妥協のない描写力を見せ、この辺りはライカと共同開発したレンズの性能が垣間見えます。

かといって、昨今のiPhoneやandroidのように、無理やり彩度やコントラストを上げ、ぱっと見の華々しさに頼り切った写真にもなりません。

ミストが半分かかった柔らかい景色に関しても、やさしさをそのまま残し、ふんわりとした写真として完成されます。

と思いきや、風の強い稜線側の景色に関しては、強風によって作られた雪のシャープさが再現されているので、本当に同じカメラで撮っているのか?と疑いたくなるほど。

ちなみにGoogleフォトもlightroomも通さず、そのまま書き出したままの写真です。

光量の多い太陽をバックにした、非常に条件の悪い撮影。

手前の雪は陰になっているので、安いカメラや、なんならAPS-C機ですら、黒潰れや白つぶれが起きてしまう条件でしょう。

こういった悪い条件でも、シャドー部とハイライト部の描写を残した写真が撮れました。

レンズはAce Proの製品が本気

\ 1年間の無料保証付き! /

実際の写真

Ace Pro
HERO 12

では同じ環境で撮影した写真を見ていきましょう。

Ace Proの上部が湾曲しているのは、撮影の仕様によるもの。

GoProのみ8:7の画角で撮影されるため、縦長になるためです。

両者の写真を比べてみると、ぱっと見はそれほど違いはありません。

これは、Ace ProとOsmo Action 4(DJI)と比較したときほどの差を感じさせませんでした。

流石HERO 12と言ったところ、Ace Proの画質についてきました。

では、先ほどの写真を限界まで引き伸ばしてみました。

どちらも文字は見えますが、どっちかといえばGoProのほうがノイズが確認されます。

後ろのボールペンに焦点を当てた場合も、Ace Proのほうがキリっとしているのが分かりますね。

ISO感度は同じなので、センサーサイズとレンズの差が、ズーム時に現れたという事でしょう。

写真についてHERO12とAce Proの総合的な判断としては、個人的にはどちらも高性能と感じています。

というのも、アクションカメラの写真をここまでズームすることはほぼ無いから。

鬼ズームしなければ、写真の画質は同等に近い。

なお写真については、机上の蛍光灯が光源だったので、やや暗所性能が試された結果かと思います。

後に解説しますが、Ace Proは暗所に強いという特徴も持ち合わせます。

動画性能

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次