【人気のパタゴニアダウン19種】メンズ&レディースを暖かい順で並べてみた

当ページのリンクには広告が含まれています。
パタゴニアのロゴ
  • URLをコピーしました!

2023-2024年モデルに更新

パタゴニアダウンはメンズが18種、レディースが16種。
被っているもので19種類。

ニーズがありそうだったので、頑張って19種類に順列を付けてみました。

最初に付け加えますが、完全に順位付けは困難でした。

なんせ暖かさの基準が無いので、「おおよそこの位の暖かさだろう」という順位付けになっています。

雪山にウルサイ男が並べた、個人的なおそらく的順位付け。

と思ってください!

目次

暖かさを決める要因

ダウンジャケット(コート)には、シュラフやマットのように標準化された基準がないから。

といっても、ただ適当に並べただけではあまりにも信ぴょう性に欠けます。

ということで、今回は以下の3つを参考に順位付けを決めました。

  • 重量の違い
  • 生地の厚み(デニールやオンス)
  • ダウンの質(フィルパワー)の違い

重量による

重量は、一番参考にした指標になります。

ダウン量が多い=暖かい
生地のデニール=防寒性

当然ですが、ダウン量が多いほど暖かく、生地が厚いほど耐風性もあります。

重量を参考に、下記のフィルパワーによる軽量化も考慮して、順位付けを行いました。

フィルパワーによる

フィルパワーの説明画像

30gのダウンを用意して、膨らんだ際の体積が何㎤になっているかで決まります。

パタゴニアのダウン製品に使われるダウンは、600FP~800FPです。

700FPがほとんど多め。

600FPのものは低品質(コストカット)
800FPのものは高級品(山岳用)が傾向でした。

それを、暖かさの順列を決める際にも参考にしました。

同等の重量の製品を比較した際、フィルパワーが高いものが暖かいであろう予想を付けたわけです。

生地の厚み

生地の厚みはD(デニール)、生地の重さはOZ(オンス)で表記されます。

傾向として、OZが大きいほど生地に厚みがあり、耐風性や保温性が高くなる印象です。

ですが今回比較するのはダウン製品です。
OZやデニールを参考としてとらえ、あくまで重量に対するダウン量の多さを予測して、順位付けを行いました。

最後はあくまで感覚

雪で遊ぶ登山者

厳冬期の3000m級を遊び倒している僕が、耐風性やダウンの品質等を加味して並べてみました!

どうしても最後は肌感覚になってしまいますが、自分の感覚とも合っているかを感じつつ、見ていただけると幸いです!

ストームシャドーパーカー

出典:Patagonia
重量1,182 g
フィルパワー700FP
OZ(オンス)44.07 oz(75デニール)
特記事項ゴアテックス
公式価格¥143,000

使用される場面は街着を想定されているでしょうが、このスペック。

天下のゴアテックスを採用した、防寒・耐風・耐久性すべてにおけるスキのない製品です。

2023年のフローズンレンジパーカーが廃盤となり、こちら2024年冬の新作。

価格も14万と、強気強気の最強ダウンが生まれました。

ちなみに、使っている素材もより環境配慮に近づいたとか。

イメージするなら、コレくらいの状況。
ゴアテックスの恩恵を受けるには、雨雪が降らないと意味がありませんね。

クライムスワールド 楽天市場店
¥146,680 (2023/10/20 08:58時点 | 楽天市場調べ)

トレス・スリーインワン・パーカ

出典:Patagonia

重量1,307 g
フィルパワー700FP
OZ(オンス)46.1 oz
特記事項防水透湿生地
公式価格¥79,200

中厚手ダウンと、コートのセット製品。

こちらも両方合わせると、結構な耐寒性がありそうです。

重量は上記のフローズン・レンジ・パーカーよりもやや重めの1307g。

ですが2着分あるので、重量はかさむでしょう。
2番手としました。

両方合わせると、北海道の街中でもやっていけそうなスペックですが、片方だけでも機能するのはうれしい所。

二つ合わせると、スペックはかなり高いでしょう。

アルプロフト・ダウン・パーカ

出典:Patagonia

重量680 g
フィルパワー800FP
OZ(オンス)24 oz(20デニール)
特記事項耐水性撥水
公式価格¥79,200

重量をぐっと落としますが、実はかなりのポテンシャル持ち。

800FPという高級ダウンを使用し、保温のみに特化したダウンジャケット。

いわゆる山岳用というやつです。

出典:Patagonia

それゆえ細部もぬかりなく造りこまれています。

使用用途としては、北海道だとか海外に目が向きます。
日本国外へのニーズに向けたものでしょう。

使うとしたら、1~2月の槍ヶ岳山頂だとか、3000m級の稜線付近で雪洞泊などでしょうか。

山岳テント場で作ったイグルー(かまくら)の写真

はっきりいって、コレくらいでもオーバースペック。

暖かい夜が迎えられることは間違いないですが!

さすがの最強クラスの製品、楽天Amazonでの取り扱いはないようです。
フィッツロイ・ダウン

出典:Patagonia

重量485 g
フィルパワー800FP
OZ(オンス)17.1 oz(20デニール)
特記事項耐久性撥水
公式価格¥49,500

山岳用のミドルクラスダウン。

ミドルクラスといえど、日本の厳冬期では十分通用するレベル。

モンベルでいうアルパインダウンでしょうか。

出典:Patagonia

なかなかの収納性でございます。

800FPなので、品質も十分。

体感的には、コレくらいのテント泊なら行けてしまう。

【メンズ】ダウンドリフト・スリーインワン・ジャケット

出典:Patagonia

重量1,108 g
フィルパワー600FP
OZ(オンス)39.1 oz
特記事項耐久性撥水
公式価格¥59,400

薄手のダウンとコートをセットにしたやつ。

トレス・スリーインワン・パーカより、ダウンが薄手になっています。

重ね着タイプは暖かく感じやすい(空間ができるため)ので、順位を高めにしてみました。

出典:Patagonia

デザインはかなりシンプルすっきりしており、ダウンが薄いおかげさまのスリムシルエット。

それよりモデルさんカッコいい。

出典:Patagonia

裏地にかわいいPatagoniaデザイン。

こんなところも、所有欲を満たしてくれる。

本州の冬の街着としては、この辺りが落としどころ。

カフェなど室内に入っても、厚すぎないダウンとコートは、持ち運んだとしてもストレスは少ないです。

といっても、このあたりから暖かさの順位付けが曖昧。

デザイン等で選んでも、間違いはないでしょう。

【レディース】コード・フィヨルド・コート

出典:Patagonia

重量1,134 g
フィルパワー600FP
OZ(オンス)40 oz
特記事項耐久性撥水
公式価格¥44,000

レディースモデルしか存在しない、かわいい街着のダウンジャケット。

価格が抑えられているのは、フィルパワーが600FPと低いのも影響しそう。

表も裏も、オールコットン。
ダウンと合わせてオーガニック系コートになりますね。

出典:Patagonia

裏地はチェック柄デザイン。

こちらもコットンなので、肌触り的にも着たすぐから暖かさを感じやすいですね。

ダウンドリフト ジャケット

出典:Patagonia

重量1,014 g
フィルパワー600FP
OZ(オンス)35.8 oz
特記事項耐久性撥水
公式価格¥44,000

こちらも600FPと、品質はそこまで。
逆に価格も他より抑えめ。

街着の暖かいジャケットとしては、こちらが最もコスパ的には優れているかなと思います。

正直600FPも700FPも、登山でもなければそこまで意識するものでもありません。

100FPの違いで、数千円ほど変わってくるので。

フィルパワーが高いほど、フワフワします。
逆に言えば、600FPは程よい弾力性が気持ちいいクラスになりますね。

¥44,000 (2023/03/28 15:19時点 | 楽天市場調べ)
¥39,700 (2023/12/10 09:17時点 | 楽天市場調べ)

レディースは、こんなコートもあります。

ジャクソン・グレイシャー・ジャケット

出典:Patagonia

重量879 g
フィルパワー700FP
OZ(オンス)31 oz(50デニール)
特記事項耐水性撥水
公式価格¥49,500

ミドルクラスのタウンユースジャケットとしては、ダウンの品質が一つ上がったジャケット。

こちらは止水ジッパー&シームレスダウン仕様。

ちょっとした悪天候や、耐風性においてポイントが高いです。

出典:Patagonia

メンズ・レディースともにシンプルでシックなデザイン。

やはり、デザインの好みで選びたいところですね。

【メンズ】リバーシブル・サイレント・ダウン・ジャケット

出典:Patagonia

重量992 g
フィルパワー700FP
OZ(オンス)35 oz
特記事項耐水性撥水
公式価格¥44,000

パタゴニアと言えばフリースでしょう。

パタゴニアのダウンジャケットで唯一、フリースとリバーシブルになったもの。(ベストはほかにもある)

雨には弱い分、天候さえよければ暖かさは感じやすいと言えそう。

【メンズ】サイレント・ダウン・パーカ

出典:Patagonia

重量737 g
フィルパワー700FP
OZ(オンス)26 oz
特記事項耐久性撥水
公式価格¥59,400

丈が長めのコートタイプ。

700FPのダウンを使っており、全体的なダウン量も多め。

その分しっかりと、価格にも反映されていますね(^^;

クリスマスシーズンの夜、かなり冷え込むときでもスペック的には問題なさそうですね。

¥59,400 (2023/03/13 21:59時点 | 楽天市場調べ)

【レディース】ダウン・ウィズ・イット・パーカ

出典:Patagonia

重量1,072 g
フィルパワー600FP
OZ(オンス)37.8 oz
特記事項耐久性撥水
公式価格¥44,000

レディース版、サイレントダウンといった立ち位置でしょうか。

だけども600FPという、割と低品質。

その分やはり、価格が手に届きやすいクラスです。

重量と用途的にも、この辺りはやはりランク付けしにくいですね。

ダウン・セーター(フーディ)

出典:Patagonia

重量369g(420 g)
フィルパワー800FP
OZ(オンス)14.8 oz(20デニール)
特記事項耐久性撥水
公式価格¥35,200

高品質の薄手ダウン。

街着のダウンとしては、ウルトラライトダウンの高級版と言ったところ。

800フィルパワーという高級品なので、軽量性も抜群。
余裕で登山に持っていけます。

飯豊山山頂の日の出

登山でいうとだいたいこのくらいのイメージ。

秋ですね。

霜が付いた植物

霜が降りるか降りないかくらいのタイミング。

9月末~10月初旬のテント泊なんかに向いていそう。

patagonia(パタゴニア)
¥79,600 (2024/04/21 16:19時点 | Amazon調べ)

シュガーダウン・フーディ

出典:Patagonia

重量329 g
フィルパワー800FP
OZ(オンス)11.6 oz(12デニール)
特記事項耐久性撥水
公式価格¥45,100

ちょっと番外的なイメージですが、こちらはシュガーダウン。

甘い!
甘すぎるぜ!!

何って、環境に甘い!(優しい)

原料はなんとサトウキビ。
化石燃料を一切使わない、バイオなダウン。

だからシュガーダウンなのか!

出典:Patagonia

くすんだこの色さえもオシャ。

出典:Patagonia

極めつけの白Patagonia。
旧ロゴでもなく、バイオ製品であるシュガーダウンにのみ与えられたタグのよう。

何年にも渡る研究を経て、その第一歩となったのが、米国で栽培されたサトウキビを原料とする100%バイオベースのポリエステル「シュガーダウン」です。

パタゴニア

ただただバイオ素材を使っているだけでなく、800FPという高級ダウン在住(笑)

どうせ買うなら、こっちが欲しくなっちゃいます。

アルプライト・ダウン・ジャケット

出典:Patagonia

重量270 g
フィルパワー800FP
OZ(オンス)9.5 oz(10デニール)
特記事項耐久性撥水
公式価格¥41,250

パタゴニア製品中、最軽量クラス。

10デニールの極薄生地が、超絶軽量を生み出します。

大朝日小屋から見た西旭岳

使用用途はやっぱり夏場のテント泊でしょうね。

これだったら、ザックの中に入れておいてもウェイトへの影響は実質ゼロでしょ。

さっと取り出すは缶コーヒーロング缶同等の軽量ダウン。

出典:Patagonia

収納袋さえ見失うことのない、ポケット収納にも歓喜でござる。

アルプライト・ダウン・プルオーバー

出典:Patagonia

重量224 g
フィルパワー800FP
OZ(オンス)7.9 oz(10デニール)
特記事項耐久性撥水
公式価格¥36,850

利便性は劣るだろうが、ハーフジップのプルオーバー。

基本はアルプライトジャケットと同じ。

ジップがない分、もしかしたら保温性は上位かも。

重量にして46g、価格も5000円ほどこちらが安い。

エマージェンシー的なダウンだとすると、これが最買いか。

サイレント・ダウン・クルー

出典:Patagonia

重量397 g
フィルパワー600FP
OZ(オンス)14 oz
特記事項耐久性撥水
公式価格¥33,000

なかなか価値が見出しにくかった製品。

フィルパワーはアルプライトに大きく劣る600FP。
これなら中国製より品質が低い。

おかげでそこまで軽量とは言えないにもかかわらず、薄手のダウン。

街着としてちょっと羽織るには程よい保温性と、かわいさげがありますね。

僕ならシュガーダウンが欲しくなるかなと思います(笑)

【メンズ】リバーシブル・ビビー・ダウン・ベスト

出典:Patagonia

重量831 g
フィルパワー600FP
OZ(オンス)29.3 oz
特記事項耐久性撥水
公式価格¥33,000

ここからはベストタイプ。

羊さんのようなかわいい見た目ですが、メンズ。

着る人が着れば、女子からかわいいとウケそうですね(笑)

patagonia(パタゴニア)
¥57,695 (2024/04/18 06:02時点 | Amazon調べ)

【レディース】ビビー・フーデッド・ベスト

出典:Patagonia

重量454 g
フィルパワー600FP
OZ(オンス)16 oz
特記事項耐久性撥水
公式価格¥29,700

この辺りの製品は、600FPなので力は入れてなさそうです。

主にデザインで選びたくなりますね。

ちなみに僕は、ダウンベストを着たことがありませぬ。

ダウン・セーター・ベスト

出典:Patagonia

重量252 g
フィルパワー800FP
OZ(オンス)8.9 oz(20デニール)
特記事項耐久性撥水
公式価格¥29,700

800フィルパワーの高級ダウンベスト。

ただ、隠れてしまうであろうダウンベストに、パタゴニアのロゴを持ってくるのはどうしてももったいなく感じる今日この頃。

一度買ったら、おじいさんおばあさんになっても、おそらく数十年使い続けることになりそうです。

パタゴニアのロゴ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次