Insta360春のセール開始中! 最大30%OFF!

比較【Insta360 x3】VS【GoPro HERO 12】 あなたならどっち?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

Insta360春の大型セール中!

アクションカメラ、小型カメラとして10年以上は重宝されているGoproですが、最近はX3を使っている人も増えてきて、果たして自分にはどっちが良いのか?

そんな風に迷われている方のための、まとめ記事です。

両者は結構違うカメラなので、あなたはどちらが楽しく使えるか?

そんなことを考えながら、ぜひじっくり選んで頂きたいと思います。

目次

【結論】両者は全然違うカメラ

結論から申しますと、両者は全然違うカメラなので、皆さんがどんな撮影をしたいかによって、選ぶ必要があると思います。

まずは簡潔に示しますが、後に詳しく見ていきますね。

Insta360 X3を選ぶと良い人

ざっくり申しますと、旅先で使ったり、SNSでパッと映えるような写真や動画が撮影したい場合、X3が良いです。

360°カメラという比較的新しいカメラで、一目見た時にワクワクするのは恐らくコチラでしょう。

オモシロイので、僕も最近使用頻度が増えています。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo

GoPro HERO12を選ぶと良い人

アクションするならばGoProというのが、早い結論です。

旅行先で使っても、iPhoneでいいやってなるので、普通の撮影ではまず登場しないGoProですが、様々なマウントを生かして、自分のアクションの映像を撮影したい場合、GoProのほうが使いやすいと感じています。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo

【PR】Insta360からの
特別オファー!【3月限定!】

この度当サイト及び、読んで下さる皆様に向けて、Insta360からの特別オファーを頂きました!

X3をご購入の方は、
通常特典「見えない自撮り棒」の所…

X3をご購入の方

「見えない自撮り棒」+
「64GB SD card」追加!!

Ace Proをご購入の方は、
「スクリーンプロテクター(1750円)」の所…

Ace Proをご購入の方

バッテリーに変更!
(6,200円相当)

通常無料特典である114㎝見えない自撮り棒はそのままに、当サイトのリンクからの購入により、SDカードが追加特典として付与されることとなりました。

\無料特典が豪華に!! /

この特典はひとまず3月限定です。

大型セールと重なっており、読者様にとって
かなりお得な内容となっていますね!

これを機会にぜひInsta360の製品を
手に取っていただきたいと思います^^

今回の特典内容の詳しくは以下でご紹介↓

【スペック比較】両者の違い

X3HERO 12
価格68,000円62,800円
(49,800円)
センサーサイズ1/21/1.9インチ
F値F.19F2.8
ISO100-3200100~6400
視野角360°156°
最大解像度5.7K5.3K
スロー性能4K/60fps4K/120fps
写真解像度7200万画素2700万画素
耐水性10m10m
対応温度-20℃ 〜 40℃-10°C〜35°C
バッテリー1800mAh1720mAh
マイク33
重さ180g154g
Insta360 X3とGoPro HERO 12の比較

スペックを並べてみると、両者の違いは案外多いことが分かります。

例えば価格は公式サイト比較にすると、HERO12は実質49,800円(サブスク込み)で購入可能になりますが、Insta360 X3は68,000円と結構な価格。

基本的な性能はどちらも同じようには感じますが、後からクロップすることを考えると、やっぱり画質はGoProが良いと感じます。

スロー再生なんかも60fpsと120fpsで、GoProのほうが4倍スローまで対応しているので、よりアクションに向いていると言えそう。

だからと言って、Insta360 X3が劣るかと言えばそうでもなく、やっぱり360°カメラの目新しさには、アクションカメラは全く太刀打ちできません。

その他バッテリー性能だとか、耐熱性能といったスペック面でも、X3が上回るところもしばしば。

性能面では元々比較のしようがないかもですが、それでも両者譲らずといったところ。

では、続いて実際に使ってみた感想などを交えて、どんな人に向いているか、一つずつ解説していきます。

一応平等な評価を心がけてはいますが、個人的には圧倒的にX3の使用率が高いです!

X3の使い方

まずは分かりにくいX3の使いかたから解説していきます。

自撮り棒に取りつけて使う

X3は基本自撮り棒に付けて使います。iPhoneのように手持ち撮影はまず行いません。

他にマウントも沢山用意されてはいるものの、ほとんどが付属の114㎝自撮り棒だけで完結しますので、思っているよりはラクチンだな、というのが使い始めて当初から変わらない感想です。

360°動画や写真を撮影

これらも動画から写真をクロップしています。

基本的に自撮り棒はAI処理で見えなくなりますので、それを生かした自撮りのような他撮りのような、ちょっと変わった映像を撮影します。

編集もスマホで数分で完結するくらいには簡単ですので、慣れれば誰でも扱えます。SNSを使えるくらいの方なら大丈夫なはず。

動画から写真をクロップすることで、ちょっと変わった写真も撮影可能。こういう時、自撮りっぽくない自撮り撮影が出来るのはメリット。

新しい撮影方法を楽しむ

360°カメラのメリットは、とにかく新しい撮影方法があるという事。

アイデアは公式SNSにもありますし、Youtubeを見れば大量に出てきます。真似すれば特に変わった場所じゃあなくても、色んな撮影を試すことが出来るので、面白いです。

Youtubeの解説動画とかならGoProが使いやすいですが、SNS向きなのはX3です。

アクションカメラとして

僕は登山やスノーボードでよく使っていますが、アクションカメラとしての使い方も果たします。

レンズが出てるのでやっぱり気を使いますが、自撮り棒で撮影するくらいならば事故率もほとんどないです。

特にX3は大量の種類のマウントが用意されていますので、バイクやチャリダーにはかなりハマるかも。

ですがまあ、こうした使い方はGoProのほうが使いやすいかも。

Insta360を買うなら公式サイトがお得!!

\ 自撮り棒もらえる /

特典:114cm見えない自撮り棒

HERO12の使い方

アクションカメラとして

とにかくGoProは、アクションカメラとしての使い方に特化しています。

旅行なんかに持ち出すには、正直言って最近のiPhoneやandroidがあれば十分な画質です。

X3のようにレンズ剥き出しでは無いですので、転んでも本体は致命傷にならない可能性は高いです。X3はレンズにキズが入ったらヤバいですからね。

やっぱりアクションカメラとして必要な方がいるのなら、GoProは持っておいて損は無いかも。

一人称視点のカメラ

X3は360°の視野を生かして自撮り&他撮りを簡潔するような動画を撮りましたが、GoProは一人称カメラに特化しています。

特にクライミングの時の視点とか、パルクールとかには良いかもしれません。

Youtube撮影

Youtube撮影をするのなら、GoProなどのアクションカメラが優秀かなと思います。

というのも、X3は面白い画が撮影できるのですが、動画編集をメインで考えるのであれば、要所で使えれば良いかな、と感じ。ずっとX3動画も面白いですが、解説動画などには向きません。

一般的に分かりやすい撮影をするようなYoutubeであれば、GoProのほうが使いやすいです。

より手軽に扱う

X3の編集も簡単とは言え、やっぱり1動画につき数分のひと手間が必要です。それがおもしろいっちゃあ面白いのですが、最初から一人称視点で撮影しようと臨む場合は、GoProの構図で撮影した方が楽で画質も良いです。

撮影したらそのまま使えるという点では、やっぱりGoproのほうが手軽ですね。

アクションカメラとしての比較

先ほどからアクションカメラとしての話が結構出るので、アクションについて語ってみます。

一人称視点が撮影したい

もし一人称視点で撮影したいなら、Goproで良いと思います。自分がジャンプした体験や、空気感をそのまま動画に残したい場合は、やっぱり一人称視点でしょう。

自分の姿もカッコよく残す

アクションカメラとして、自分の姿を映像として残したいのなら、場合にもよりますがX3が有利に働きます。

例えばスノーボードにしても、サイクリングにしても、バイクツーリングにしても、自撮り棒を持っていれば自分の姿が映るので、簡単にカッコいい姿が残せます。

誰かに撮影してもらう場合にしても、360画角で撮ってもらった方が、撮影漏れ(画面端に消える)は防げますし、なんなら撮影者も一緒にうつります。

姿を残したい。というのであれば、360°カメラのX3かなと思っています。

スロー撮影

例えばスケボーのオーリーだとか、パルクールだとか、キッカーだとか、一発系のアクションで、スロー再生をするとカッコいい場面も、人によってはあるかもしれません。

だいたい2倍スローでカッコいいですが、4倍スロー撮影をしたければ、120fpsあるGoProが有利。

X3は60fpsが限界なので、4倍スローはカクツキます。

旅行に使うカメラとしての比較

多くの方は、旅行にGoProは必要ありません。写真を撮りたいならiPhoneで十分ですし、楽しみたいなら一眼レフが良いです。広角写真は使いにくいです。

手振れも最近は優秀なので、歩く走るくらいでは、GoProの手振れ補正はオーバースぺック。

ですので旅先でバリエーションある撮影が出来るという点で、X3のほうが圧倒的に面白く感じますよね。

Insta360を買うなら公式サイトがお得!!

\ 自撮り棒もらえる /

特典:114cm見えない自撮り棒

扱いやすさ

続いて形状だとかの扱いやすさについて、もう少し深ぼり。

形状について

やっぱりX3は両側凸レンズという事がネックで、落とすのに気を使います。マウントを使うよりも自撮り棒メインなので、よほどは気になりませんが、GoProよりは扱いにくいという感じでしょうか。

逆にGoProは雑に扱いやすく、それがゆえに落として割った事もあります。X3は慎重になるので、逆に壊しません。

なんか変な話ですよね。

編集の必要性の有無

あとは手軽さで言えば、編集の必要性でしょうか。さっきも言いました通り、X3は数分の編集というひと手間が加わります。

楽しいと言えば楽しいのですが、それをしなければ動画は使い物にならないので、煩わしく感じる方もいると思います。

アプリの安定性

アプリ接続の安定性に関しましては、X3もGoProも良くなりました。HERO 11までは接続が不安定でしたが、今期から1.5倍安定するようになったとのことで、実感としてもどちらも優劣付けられないくらい、接続は安定しました。

バッテリー性能

最後にバッテリー性能の話をしますが、結論バッテリーはX3のほうが良いです。

というか、アクションカメラ系で唯一、最新型でもバッテリーが弱いのがGoProだったりします。これは結構なストレスになると思います。

熱暴走

GoProのみ、120fps撮影で22分で沈黙(熱暴走)。常温でもその程度なので、GoProは真夏に使い物にならないと言われるのも分かります。

X3も真夏の熱暴走に関していえばありますが、GoProほどではありません。1コマで撮影を区切って使いがちという点でも、X3のほうが熱暴走とは縁が無さそうです。

耐寒性能

HERO 12X3
上限温度35℃40℃
下限温度-10℃-20℃

耐寒性能は公式的にはX3のほうが強いです。実際極寒で使用すると、X3のほうが耐寒性能は若干良いのですが、GoProも気にするほどでもなくなったのも事実。あまり気にしなくても良いかもしれません。

Insta360を購入する場合は公式サイトがおすすめ

Insta360を購入する際は、公式サイトで購入を僕はおすすめしています。

というのも、無料のアクセサリー(3000~5000円分程)が特典としてついて来たり、1年の無料保証が付いてくるためです。

詳しくは以下でまとめてあります。

\ 自撮り棒もらえる /

もっと画質の良いカメラが欲しい場合は

今回はX3でしたが、もっと画質の良いアクションカメラをお探しの場合は、Insta360 Ace Proという選択もあります。

廉価版のAceですらGopro超えの性能ですし、モニターやマウントの使い勝手も上回ります。

特にガシェット好きやクリエイターにおすすめしたいカメラ。

もっと小さいカメラをお探しの場合

そんな激しいアクションなんてしない!っていうユーザーから、最近支持を集めているのがこのGO 3という超小型アクションカメラです。

私服やキャップに取り付けられるとあって、しかも画質も日中はそん色ないレベルですので、意外と穴場ということで増えています。

その他アクションカメラ関連の生地はコチラ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次